激安スーパーの開店の様子をテレビで見てその客層にちょっと引いてしまった

 

 

東海ローカルで放送している花咲かタイムスという番組があります。

 

東MAX友近のほかにレポーターでハリセンボンとかが出ていたりして、東海地方のローカルネタを扱いますが、見ているとけっこうおもしろいです。

 

hicbc.com

 

この番組の中で先日名古屋市緑区にオープンした激安スーパーの開店セールの模様がレポートされました。

 

キャベツ1玉39円など開店セール目玉のお買い得品が目白押しで、開店前から多数の買い物客が並んでいたようです。

 

 しかしよくよく見ると画面に映る開店前の列に並んでいる人たちでこざっぱりしている人は少ないですね。

 

 平日の朝早くから列に並ぶ上下ジャージのおっさんとか、全身グレーの高齢者とか、これが底辺なのかなと思ってしまいました。

 

スーパーへの買い物でおしゃれする必要はないと思いますが、ジャージで外出はちょっと・・と思うのは、私も底辺に近いですがまだまともなのかなと思いました。

 

多少、他人の目を気にする気持ちはまだ持っています。(笑)

 

 

加えて安く買いたいのはわかりますが、私の場合は寒空の下長時間並ぶという行為が無理です。

 

堪えられません。

 

 

そして花咲かタイムズではレポーターが何人かの買い物客にインタビューしていました。

 

驚いたことにインタビューを受けている人たちが、それほど歳でもないのにけっこう歯が無い、歯が抜けている人が多いのです。

 

歯がないから駄目だというわけではありませんが、歯がないと相当貧乏感が漂います。

 

やっぱり激安スーパーの開店に並ぶ人たちは底辺だと思います。

 

 

開店直後の混雑が落ち着いたらこのスーパーに行ってみてもいいかもしれませんが、私の家からはちょっと遠いです。

 

 

 

価格破壊 (角川文庫)

価格破壊 (角川文庫)