まーきちのお気楽生活

旧ブログ名:45歳からのダウンシフトでハッピーライフ

レジ袋有料化への準備をする

f:id:tamikiti67:20200624201947p:plain



私の最近の仕事の話です。

 

目次

 

なぜ今レジ袋有料化?

 

7月1日から小売事業者を含むすべての事業者でプラスチック製のレジ袋が有料化になります。

 

これは深刻な海洋汚染の引き起こしているマイクロプラスチック削減に向けた動きですね。取り組み自体は賛成です。

 

マイクロプラスチックを口にした魚の体内でどんどん濃縮され、やがて魚を食べる人間の体内に入り健康被害をもたらす恐れがあります。まだまだ未解明な部分もありまが、対策をうっておくに越したことはありません。

 

わたしのようなオーバー50世代よりも今の子供世代が大きく影響を受けるでしょうからね。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

ごみの分別が進んでいると言われている日本ですが、アジアの中で海洋中のマイクロプラスチックの濃度が一番高いのが日本近海、そして使い捨てプラスチックの一人当たり使用量は世界第2位だそうです。(NHKのラジオニュースで言っていた)

 

 

 

回収の流れから洩れたプラスチックごみがマイクロプラスチックとなって海を汚染するんですね。回収をしっかり行うのも必要ですが、元から使用量を減らすというのも重要な対策だと思います。

 

私の職場にも関係

 

私の職場もレジ袋を使っていますので、遅ればせながらどう対応すればいいのか考えていたところ、ネットには次のような記事がありました。

 

www.watch.impress.co.jp

 

一瞬、無料化している例外があるやん!?と思いましたが、セイコーマートは無料配布禁止対象外の環境にやさしい素材を使ったレジ袋を使うそうですね。

 

ただし、バイオマス素材の配合率が25%以上のものは有料化の対象外となる。これは、植物由来でCO2総量を変えない素材であるため。セイコーマートでもこの仕組みを活用し、7月1日以降、バイオマス素材 30%配合のレジ袋を採用し、無料配布を継続する

 

私の職場のような零細事業者ではこんなことはできませんので、お上の命令に従い粛々と有料化に向けた対応を行います。

 

そもそも私の職場は公共施設ですのでお上の言うことに反することはできません。 

 

まずはレジ袋の価格をいくらにするか決定しレジへの登録作業ですね。また周知徹底のポスターも作った方がいいでしょう。

 

紙袋は配布禁止対象外

 

しかし紙袋は無料配布禁止対象外です。紙袋を求めてくるお客さんもいるかもしれませんが、紙袋はプラスチック製レジ袋に比べてそんなに安くないんですよね。正直、100円、200円の買い物に紙袋を出したくありません。

 

皆がマイバッグを習慣として持ってくれるようになればいいんですがね。私も常に持っておくようにします。

 

 

tamikiti67.hatenablog.com

 

株主総会オンライン化の流れで看板持ちバイトがなくなる

アルバイト好きのまーきちです。本来なら6月後半は株主総会シーズンですね。

 

f:id:tamikiti67:20200607203857p:plain

 

コロナ禍における各企業の株主総会の対応

 

コロナの影響で通常は6月に開催されることの多い各企業の株主総会もスケジュール変更やオンラインでの対応などが求められていますね。

 

通産省からの企業へのお達しの文書が以下です。

 

www.meti.go.jp

 

引用させていただきます。

 

企業決算・監査及び株主総会の対応について


新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が今後も続くと見込まれる中で、決算発表を延期する企業も出てくるなど3月期決算企業の決算・監査に関する業務に大きな遅延が生じる可能性が高まっている。

 

もっとも、企業の決算や株主総会運営の業務に携わる方々の健康や安全にも十分にご配慮を頂く必要がある。今こそ中長期的な成長を念頭に置いた経営判断が求められるところ、ここで焦ることが、かえって企業全体のオペレーションに悪影響を与えることは避けなければならない。

 

企業においては、6月末に開催されることが予定されている株主総会につき、その延期や継続会の開催も含め、例年とは異なるスケジュールや方法とすることをご検討頂きたい。

 

株主・投資家においては、決算作業の適切な遂行や従業員の安全確保に努める結果として、株主総会の運営につき、例年とは異なるスケジュールや方法とすることに十分にご理解頂きたい。

 

経済産業省としても、上記の円滑な実施のために、最大限のサポートをしてまいりたい。

 

ということで、ほとんどの企業で通常通りの株主総会は行われないかと思います。これこそ国が定める自粛すべき大規模イベントですもんね。

 

「継続会」というのは私は初めて聞く言葉です。

 

継続会は会社法317法で定められ、通常は株主総会の社員総会が議事を中止し、後日これを続行することを決議した場合、その後日に開催される総会のことをいうそうです。

 

ふつうは議事が紛糾し継続審議になった場合に使うのでしょうかね。今回はそもそもはじめからまともな株主総会が開かれない可能性が高いですね。

 

news.yahoo.co.jp

 

アフターコロナでは株主総会もオンライン開催がスタンダードになるかも。大規模な会場で開催するのも莫大な準備とコストがかかりますしね。総会参加者へのお土産配布をやめている企業も続々と増えています。

 

 

株主総会の看板持ちは私のやってみたいバイトのひとつ

 

オンライン化になってしまうと最寄り駅から会場までの道案内をする看板持ちのバイトの仕事が無くなってしまうかもしれません。

 

これは私が一度やってみたいバイトなんですけども、まあ矢印の書いた看板を持って駅から会場までの要所要所で立っているだけという仕事ですね。

 

だいたい午前中の3時間から4時間くらいで時給は1,200~1,500円ほど。スーツ、ネクタイ、皮靴が必須です。20代くらいの若者よりある程度のオッサンの方が適していますね。

 

参加者からの質問も会場への行き方と開始時間についてくらいでしょう。強い日差しのあたる屋外でなければ楽勝だと思います。株主様を観察するいい人間ウォッチングの機会となるでしょう。

 

(屋外だと頭皮に当たる紫外線が気になります。おそらく100%防止の着用は不可)

 

tamikiti67.hatenablog.com

  

tamikiti67.hatenablog.com

 

 

 

オダギリジョーでおなじみのエアペイ導入作業をやってきました

f:id:tamikiti67:20200601220454p:plain

 

※予約投稿の失敗ですでに一度読まれている方もいらっしゃるかもしれません。その際はどうぞスルーして下さい。

 

 

さて最近、バイト先でエアペイの導入作業を行ってきました。エアペイについてざっくりと全体像を書いてみたいと思います。細かいことはエアペイのサイトに書いてあります。

Airペイ(エアペイ)|カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

 

目次

 

オダギリジョーさんのCMでおなじみおエアペイ

 

youtu.be

 

私のバイト先では少々の物販があり、お客様との間でお金のやりとりが発生します。これまではガチャリンコの旧式レジを使っていました。POSレジではない、設定した商品コードを手打ちするアナログタイプですね。

 

それが昨日からいきなりオダギリジョーさんがCMやっているエアペイに変わりました。リクルートの展開するサービスですね。昭和から平成飛び越していきなり令和になった感じです。

 

エアペイは最大29種の決済方法に対応、最近、飲食店でよくアイパッドやタブレットを使ってお会計をすることがあると思いますが、まさしくああいうやつです。

 

エアペイの導入作業はこんな感じ(ざっくりと)

 

エアペイ自体の申し込みは本社が行い、必要な機器があとから送られてきました。そして本社から教えてもらったアカウントのIDやパスワードをもとに各種の設定していきます。

 

必要な機器は?

 

今回私の職場が使用する機器は

 

アイパッド

レシートプリンター

カードリーダー

キャッシュドロワー

 

の4つです。エアペイはアイパッドのみに対応、アンドロイド端末では使えません。

 

エアペイには3つのアプリがある

 

エアペイは主に3つのアプリから構成され

 

エアレジ・・商品登録業務、現金による会計を行うアプリ

エアペイ・・エアレジで商品登録後にクレジットカード、電子マネーによる決済を行う

エアペイQR・・エアレジで商品登録後にQRコード決済を行うアプリ

 

です。これらが連動して取引を行います。TポイントやPontaなどのポイント決済を行うにはこれまたエアペイポイントというアプリが必要なようです。

 

各機器を接続

 

まずはアプリのダウンロードです。エアペイを使うためにはWiFi環境が必要です。そしてエアレジのダウンロードが終わったら、各機器をブルートゥース接続します。キャッシュドロワーだけはレシートプリンターとの間で有線接続になります。

 

PCがあると商品登録作業は楽

 

そしてエアペイに取り扱い商品のデータを入力します。これに関してはアイパッドで一つ一つ商品名から価格、税率などをひとつひとつ打ち込んでもいいのですが、パソコンがあるとエアペイのサイトにログインし、データをCVSファイルの形にしてからアップロードすれば一括入力することができます。

 

私の職場でも150アイテムくらい取り扱いがあるのですが、もともとそれらのエクセル形式のリストはあったので、エアペイのサイトからダウンロードして使用するアップロード用のフォーマットにうまいこと貼り付けてアップロードするだけでした。

 

150種類全部手打ちすることを考えればむちゃくちゃ楽ですね。

 

ちなみにエアペイでは200カテゴリー×100アイテムで、トータル20,000アイテムの商品を登録できます。しかし仮にこれだけ登録しても、目的の商品を呼び出すのにどのカテゴリーだったけ?と探さないといけないので非現実的です。やはり飲食店や、物販店でも小型店しか無理だと思います。

 

クレジットカードやQRコード決済は審査が必要

 

クレジットカードやQRコード決済を行うには審査が必要で、申し込んでから1~2週間かかるそうです。お店などオープンと同時にエアペイを使用したい場合は、その期間も見込んで早めに申し込んだ方が良さそうですね。

 

審査に合格すればそれらの決済方法の選択画面が自動で現れるようになります。

 

エアペイの利点

 

さまざまな決済に対応

 

現金からクレジットカード、電子マネー、各種QRコードと幅広く対応。今どきキャッシュレス対応していないとお客様逃げちゃいますからね。

 

話はちょっとそれますが大手でいまだに現金しか対応していないサイゼリアとかはどうなんでしょうね。あれも会社の方針らしいですが・・

 

手数料が業界最安値

 

手数料が決済方法にもよりますが基本3.24%からです。これが安いか高いかはよくわかりませんが、安いと言っているから安いのでしょう。でもお店のオーナーからしたらやっぱり現金で払ってもらった方がうれしいのではと思います。 

  

経理処理・売上管理が本社で一括可能

 

1回の申し込みで10の支店まで導入可能だそうです。中小企業にはいいかも。

 

私の会社では毎週1回、よくある社内グループウェアを使用して売上報告を行っていましたが、これからは本社でいつでも売り上げ状況をリアルタイムで見ることができるので、各こういった報告業務の削減につながります。全社で導入することで管理業務の効率化を実現することができると思います。

 

まとめ

 

昨日1日だけですが、実際にエアペイを使ってみてそんなに悪くない感じでした。商品登録からお金の授受まではたいへんスムーズです。キャッシュレス決済機能はまだ使っていません。

 

ただレジ締め作業や返金・返品などの操作方法がアナログレジと大きく異なるのでちょっと慣れるまで時間がかかりそうです。