まーきちのお気楽生活

旧ブログ名:45歳からのダウンシフトでハッピーライフ

久しぶりにイオンモール常滑に行ってみて思ったこと

スポンサーリンク

f:id:tamikiti67:20200525171748p:plain

 

昨日は緊急宣言解除後はじめて、いや2回目です。イオンに行ってきました。中部国際空港手前にあるイオンモール常滑店です。東海地区最大規模のイオンです。

 

目次

 

中国人がいない

 

あたりまえですが中国人観光客がいません。ここは空港に近く空港との間に無料シャトルバスがあり、多くの中国人が訪れていたのですが一人も見ませんでした。シャトルバスも当面の間、運休となっています。

 

まだ観光は早いとは思いますが、中国人でごったがえしていた京都や大阪などの観光地をゆっくり見るには、これから1~2年くらいがチャンスだと思います。

 

人の入りはコロナ前と同じかそれ以上

 

広いお店ですので3密にはなりませんが、人の入りはコロナ前より多く感じました。特にお年寄りが多いですかね。緊急事態宣言が出ていた時は、お年寄りは家でじっとしていたと思います。

 

コロナに対する恐怖心もあったと思いますが、お年寄りは比較的お上の言うことはしっかりと守ると思うんですね。でもその重石が外れるとその反動がすごいです。ここにきてどんどん外に繰り出し発散しているように見受けられます。

 

ウォーターサーバーの営業がいない

 

イオンに行くといつもウォーターサーバーの契約をとろうと頑張っているお兄ちゃん、お姉ちゃんがいましたが、その姿がありません。私は彼らに絡まれるのが嫌いでいつも近寄るなオーラを出し、必要に応じては大回りしていました。彼らがいないのは私にとってはとてもいいことです。

 

イオンカード勧誘の人も積極的な声掛けはしていませんね。こういう向こうから声掛けするタイプの仕事は当分だめなんじゃないでしょうか。

 

食品売り場の試食はなし

 

試食を行っていないことは知っていましたが、今まではイオンくらいの大規模な店になると、だいたい派遣会社から人が派遣されて特定の会社の新製品をPRするコーナーがありました。

 

この試食販売を生業としている女性はけっこう多いと思うのですが、ほんとうに今は仕事がゼロになって厳しいのではないかと想像します。

 

専門店街もオープンしたがまだ休んでいる店もあり

 

イオンモールは緊急事態宣言下ではテナント部分を全面休業にし、イオン本体だけ営業していました。その後テナント部分も再開されましたが、一部の店舗は休業したままです。おそらく5月末までは緊急事態宣言が継続されるとふんでいたんですかね。

 

あわてて再オープンしようにも人の手配がつかなかったんでしょうか。それともこのままフェードアウトして閉店するのかもしれません。期限を決めずに当面休業しますと張り紙している店もありますね。それはこれから判明してくると思います。

 

ダイソーの店内放送が秀逸

 

テナントのひとつにダイソーが入っているんですが

「店舗への問い合わせの電話はできるだけご遠慮ください」

「商品の場所や在庫の有無などのスタッフへの問い合わせはできるだけご遠慮ください」

と延々、店内放送で流れていました。問い合わせが業務の妨げになるくらいひどいんでしょうか。

 

一昔前ではこの放送は考えられないです。これ、自分がホームセンターで働いていた時に流してほしかったです

 

お客のマスク率がすごい

 

店員がマスクを着けているのは当たり前ですが、お客もほぼ100%マスクを着けていました。マスクに関しては「新しい生活様式」が定着しているような気がします。

 

ただ自分も外出していてエラそうなことは言えませんが、マスクさえしていれば家族総出で外出OKという雰囲気になってきているような気がします。経済のためにはそれもいいんでしょうけどね。

 

衣料品はいきなり大幅値引き

 

お店にもよりますが、コロナ休業の間に売るチャンスを逃した衣料品の大幅値引きを行っています。春物なんて本当に売る機会をなくしちゃいましたもんね。いきなり夏物です。服を買うなら今がチャンスかもしれません。