まーきちのお気楽生活

正社員からバイト暮らしを選んだ旅好きなおじさんの日記

東山動植物園と東山スカイタワー

スポンサーリンク

f:id:tamikiti67:20210422225641j:plain

仕事の関係で東山動植物園&東山スカイタワーの招待券が2枚手に入りました。1枚640円相当です。ラッキー。

 

f:id:tamikiti67:20210422225653j:plain

東山動植物園は先月も行きましたが、今月もさっそく行ってみることにします。

 

tamikiti67.hatenablog.com

 

 

しゃくなげの森

 

f:id:tamikiti67:20210422225706j:plain

今回は植物園ゾーンを重点的に見てまわります。まずは今が見頃のしゃくなげの森から。

 

f:id:tamikiti67:20210422225718j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225728j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225736j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225748j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225758j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225809j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225820j:plain

つぼみのシャクナゲ。これが360度開いて花のボールのようになるんですね。

 

f:id:tamikiti67:20210422225832j:plain

キレイですがよく見るとアブラムシもいっぱいいます。

 

f:id:tamikiti67:20210422225845j:plain

 

つつじが丘

f:id:tamikiti67:20210422225903j:plain

こちらも今が見頃のツツジが咲いているつつじが丘へ。

 

f:id:tamikiti67:20210422225914j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225926j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422225938j:plain

 

その他の花

 

f:id:tamikiti67:20210422225854j:plain

スズラン。

 

f:id:tamikiti67:20210423153217j:plain

オオデマリ。

 

f:id:tamikiti67:20210422225948j:plain

雑草のハルジオン。

 

f:id:tamikiti67:20210422230004j:plain

芝桜。

 

f:id:tamikiti67:20210422230015j:plain

デージー。バッタ付。

 

f:id:tamikiti67:20210422230025j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230036j:plain

芝桜。

 

f:id:tamikiti67:20210422230047j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230058j:plain

なんの花だったか忘れました。グーグルフォトの一機能、グーグルレンズを使うとウツギの花と出てきました。

 

f:id:tamikiti67:20210422230110j:plain

ボケの花。

 

f:id:tamikiti67:20210422230121j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230132j:plain

青もみじがきれいです。

 

f:id:tamikiti67:20210422230144j:plain

植物園内には合掌造りの建物があります。

 

もともと岐阜県大野郡白川村大牧にあったものですが、関西電力鳩ヶ谷ダム建設に伴い、大牧部落が全部水没することになったため、昭和31年に旧太田の建物を東山植物園に移築されたものです。

  
建物の広さ264m²、四層かやぶき屋根、高さ10mで天保13年(1842年)の建造されたものです。

 

潜入!合掌造りの家|オフィシャルブログ|東山動植物園

 

 

f:id:tamikiti67:20210422230155j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230208j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230220j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230229j:plain

無駄にデカくて囲炉裏の火がないと冬は極寒では思います。でも住居兼仕事場(養蚕など)と考えるとこれくらい大きい方がいいのかも。

 

f:id:tamikiti67:20210422230241j:plain

 

重要文化財の大温室がリニューアルオープン

 

f:id:tamikiti67:20210422230255j:plain

ギボウシの花。

 

f:id:tamikiti67:20210422230306j:plain

よく育った金魚草。うしろは結婚式も行われる東山ガーデンレストラン。

 

f:id:tamikiti67:20210422230318j:plain

老朽化した重要文化財の大温室は、2年間ほどかけてリニューアル工事が行われていました。

 

f:id:tamikiti67:20210422230329j:plain

 

f:id:tamikiti67:20210422230341j:plain

オープンは翌日(23日)で内部は見ることができませんでした。残念。

 

東山スカイタワー

 

f:id:tamikiti67:20210422230456j:plain

東山スカイタワーに登ってみます。バカと煙は高いところが好き。

 

 

スカイタワーは高さ134m、建っている場所が標高80mの丘の上で、あわせて214mの高さがあります。

 

名古屋市政100年を記念して建設され1989年の完成。バブル真っ只中ですね。さすが世界デザイン博に踊った名古屋市。

 

でもタワーには名古屋市の防災無線のアンテナが設置され、防災拠点としての役割もありますので必要な施設ですかね。

 

f:id:tamikiti67:20210422230508j:plain

最上階はレストランになっており、レストラン利用者しか展望を楽しめませんので、5階のスカイプラザ360度展望室へエレベーターで行ってみます。

 

f:id:tamikiti67:20210422230518j:plain

外が見えるエレベーター。東山スカイタワーはたまに東山スカイツリーと間違えて呼ばれることもあるらしいですね。

 

f:id:tamikiti67:20210422230533j:plain

展望室から北側の展望。このあたりは緑が多いですね。

 

f:id:tamikiti67:20210422230544j:plain

こちらは西側、名古屋市中心部の眺望です。

 

f:id:tamikiti67:20210422230555j:plain

こちらは南側。足元には恋人同士でボートに乗ると必ず別れることになるという有名な池があります。

 

f:id:tamikiti67:20210422230605j:plain

が、ここは恋人たちの聖地として売り出しています。タワーを登った後、ボートに乗ったらどうなるのだろう。

 

f:id:tamikiti67:20210422230617j:plain

東山スカイタワーは2004年8月に「夜景100選」に選定された国内有数の夜景スポットです。夜はカップルがたくさん訪れるのでしょう。