まーきちのお気楽生活

正社員からバイト暮らしを選んだ旅好きなおじさんの日記

ワークマンで紫外線対策グッズを購入

スポンサーリンク

f:id:tamikiti67:20210612212638j:plain

ワークマンに行ってきました。

 

買ったのはキャップ(税込980円)とアームカバー(税込498円)2組。

 

薄毛の頭を守るキャップ

 

キャップは残された頭髪と、遮るものが少なくなってきて無防備になりつつある頭皮を、夏の強烈な紫外線から守るのに必須のアイテム。

 

おじさんの無駄な抵抗かもしれません。あっ、でも最近◯ゲの進行が遅くなってきてるかも。

 

すでにワークマンの580円の無地のキャップを2つ持っているのでこれで3つめ。でも今回購入したのは980円と高価な品なので、こちらはお出かけ用です。

 

(⇐おでかけ用がワークマンかっ!)

 

アームカバーは便利

 

そしてアームカバーは接触冷感タイプです。

 

女性は車の運転時など、アームカバーを愛用している人も多いと思いますが、男性だと現場系の人かランナーくらいではないでしょうか。

 

アームカバーも私の夏場の愛用品で、腕を紫外線から守ります。

 

もともと私はどちらかというと色白で、紫外線にあたると肌が赤くなるタイプです。

 

昔は紫外線対策せずに自転車やスノーボードをやっていたため日焼けし放題でした。そのせいか今51歳ですが顔にはシミが出てきています。

 

若い時から紫外線対策に気をつけておけば良かったですね。

 

最近ではなるべく肌を出さないようにしています。

 

 

腕もアームカバーを使用すると、太陽光に直に晒されている時よりも、かなり涼しいのがわかります。

 

 

過去にさかのぼると、アームカバーはロードバイクに乗っていたときは必需品でした。細かい体温調節に最適です。

 

寒いときは風を遮り、暑くなれば手首までおろしてやればOKです。スグレモノです。

 

今は本格的に自転車に乗ることはありませんが、徒歩通勤時は半そでワイシャツにアームカバーです。会社に着いたら脱げばOKですね。

 

逆に室内でクーラーが効きすぎている時にもアームカバーを持っていると重宝します。

 

f:id:tamikiti67:20210612212648j:plain

ただ今回購入したアームカバーはフリーサイズですが、コンプレッション素材のためピチピチでちょっとキツイです。

 

そんなに私の腕は太くありませんが、みんなこんなキツイので大丈夫なんでしょうか。

 

ダブつきのあるものより見た目は確かに良いですけどね。

 

コーヒーの瓶の蓋にしばらくかぶせて、ゴムを伸ばしてみます。

 

 

⇒あまり変化なかった💦

 

 

tamikiti67.hatenablog.com