まーきちのお気楽生活

正社員からバイト暮らしを選んだ旅好きなおじさんの日記

イオンのレジゴーを試してみました

スポンサーリンク

 


f:id:tamikiti67:20221013230052j:image

イオンのレジゴーです。

 

2019年からはじまり、順次全国の店舗に展開中のようですが、私の近所のイオンでも使えるようになっていました。

 

お店には専用の端末がずらりとならんでいました。


f:id:tamikiti67:20221013230150j:image

レジゴー端末のホルダーがついた専用のカートもありました。


f:id:tamikiti67:20221013230120j:image

商品を手に取り、端末のバーコードリーダーバーコードをスキャン。

 

かごに入れて行きます。それを繰り返します。

 

一部商品の購入をやめたり、追加も簡単にできます。


f:id:tamikiti67:20221013230136j:image

レジゴー専用レジエリアの入り口にはゲートがあり、そこにあるQRコードを読み取ると購入する商品情報がレジ端末に転送されます。

 

ゲート通過時にはおそらくユニクロやGUのセルフレジと同じように商品点数が自動的にカウントされ、専用端末に入力した商品点数と合致するか確認されていると思います・・

 

でもユニクロGUは専用のタグを使用していますが、こちらはただのラベルシールだったり商品パッケージ上のバーコード。

 

万引き対策はどうしてるんでしょうね。


f:id:tamikiti67:20221013230209j:image

QRコードを読み込むと6番レジに行けと指示されました。


f:id:tamikiti67:20221013230231j:image

レジで精算して終わり。

 

いいのか悪いのかよくわかりませんが、よくあるセルフレジのように商品を右から左に移動させる手間はないですかね。

 

お客にとってはバーコードのスキャンを買いまわり中に行うか、最後に行うかの違い。

 

しかし、お店的には客のレジにかける時間が少ないほうが、レジでお客が詰まらずスムーズなオペレーションを行うことができるメリットがあるのでしょう。

 

ただ、クーポンなどの割引処理をするときは従業員を呼ぶ必要があります。

 

私はなるべくレジゴーを使うつもりです。最近は有人レジだけでなくセルフレジも待たされることが多いですもんね。

 

なおレジゴーはアプリもあって、ダウンロードすることにより自分のスマホでもシステムを使えます。

 

会員登録などは一切不要です。そのままスマホで決済までできればもっと良いんですけどね。

 

youtu.be

 

rocketnews24.com

 

リンク