まーきちのお気楽生活

正社員からバイト暮らしを選んだ旅好きなおじさんの日記

中日新聞の値上げとシュリンクフレーションの話

f:id:tamikiti67:20200927225237p:plain

 

  

中日新聞が値上げ

 

www.tokyo-np.co.jp

 

中日新聞が10月から値上げになるそうです。1994年以来、26年ぶりの値上げだそうです。

 

私の家では朝刊だけですが3,080円から3,400円へ。妻が折り込みチラシが好きなのと、私が仕事の関係で知っていた方がよい地方版ニュースもあるから、というのがいまだに新聞を購読している理由ですがさすがに月3,400円はきついですね。

 

約1割の値上げ。最近は年寄り向けの広告ばかり目立って紙面も充実していないし、なんだかなーという感じです。

 

昨年の消費税増税の際には新聞協会がゴネて新聞を軽減税率扱いにしたくせに、1年しかたたないうちに値上げして、「なんだこの体たらくぶりは!?」という思いです。

 

26年ぶりの値上げと言っても、国民の平均給与はバブル崩壊以降30年間アベノミクスとは関係なしにシュリンクしっぱなしです。

 

そんななか中日新聞は知らないですが大手新聞社の給与水準は世の中から見てまだまだ高いのでは。値上げの前にやることがあるはず。

 

ヘボい中日ドラゴンズの選手たち(特にベテラン勢)もたいして活躍もしてないのにもらいすぎ。

 

gendai.ismedia.jp

 

今回の値上げを機に新聞の購読はやめようと思います。

 

 

シュリンクフレーションもひどい

 

話は変わりますが、シュリンクと言えばシュリンクフレーション。

 

先日嫁と不二家のカントリーマムを食べていました。その時の会話ですが

 

「むっちゃ小っちゃくなってない?」

 

「なってる、なってる」

 

どのくらい小さくなったのか気になって調べていたら、次の動画がありました。

 

youtu.be

この動画によるとカントリーマムの場合1枚当たりの重量は

 

2007年以前  11グラム

2007年    10.5グラム

2016年    10グラム

 

と減少。

 

パッケージ当たりの枚数も

 

2005年  30枚

2007年  28枚

2008年  24枚

2014年  20枚

 

と、こちらもリニューアルの度に減少。このペースだと10年後には中身はなくなってしまうのでは。( ;∀;)

 

冷凍食品も私の弁当のおかずによく使うのですが、こちらも値段とパッケージはそのままに6個入っていたものが5個になったりというのはよくある話です。

 

ソーセージ類や私はあまり食べないですがポテトチップス類もひどいですね。ポテチなんなか持ってみるとむちゃくちゃ軽いですもんね。

 

こういうのを「ステルス値上げ」とか「サイレント値上げ」と呼ぶらしいです。

 

まあ今に始まった話ではないですけど。

 

 

結局のところ

 

こういった値上げは円安による海外からの原材料費の高騰、人件費・資材・運送費などのコスト増といった要因がありますが、円安はアベノミクスと日銀の円安誘導によるものです。

 

自動車をはじめ輸出をメインとする大企業がその恩恵を受けているわけで、なぜそれを消費者がかぶらないといけないのか。円安だと海外旅行にも行きにくくなるし。

 

アベノミクスで過去最高益を上げてきた大企業が多いわけですが、内部留保が膨らむだけで安倍首相が言っていたトリクルダウンなんてものは起らなかったわけです。

 

 

また値上げもそもそも経営が苦しくないのに、他社がやっているから、さらに利益をあげるためという理由での便乗値上げもあるでしょう。

 

こういった汚い値上げをする会社に対しては、なかなか難しいですが購買をやめる、他社製品に乗り換える、または当該企業の株主になって配当をいただくことでしか対抗できないんじゃないでしょうか。

 

 

消費者もいい意味でずる賢くならないといけないと思います。お得情報には常にアンテナをはっておかないと。

 

 

tamikiti67.hatenablog.com

  

tamikiti67.hatenablog.com

 

 

 

 

 

定額給付金10万円で外食するシリーズその42 農家カフェけやき(奈良県天理市)

 

tamikiti67.hatenablog.com

 天理市内を観光したあとちょっと遅めのランチにします。

 

f:id:tamikiti67:20200924194006j:plain

農家カフェけやきさんは農家の方が経営している新鮮野菜を使用したメニューがウリのカフェです。場所は天理大学の東側、日本最古の神社の一つと言われる石上神宮のすぐそばです。

 

 

 

 

f:id:tamikiti67:20200924193422j:plain

駐車場横の案山子

 

f:id:tamikiti67:20200924193935j:plain

手作り感の漂う外観。そんなに大きなお店ではないです。

 

f:id:tamikiti67:20200924193744j:plain

ビニールハウス風のテラス席でいただきます。

 

f:id:tamikiti67:20200924193522j:plain

今回私たちが食べる季節のスペシャルランチ。ドリンク・デザートも付けましたので税別1,900円。なかなかの強気の価格設定です。

 

f:id:tamikiti67:20200924193635j:plain
f:id:tamikiti67:20200924193611j:plain
f:id:tamikiti67:20200924193600j:plain
f:id:tamikiti67:20200924193647j:plain

もう少し手ごろなカレーランチもありますね。

 

f:id:tamikiti67:20200924193755j:plain

やってきました。季節のスペシャルランチ。提供はオーダーから15分~20分後。けっこうゆっくりめでした。注文が入ってから1品1品調理していると思います。

 

古代米?赤米?とモロヘイヤのスープ。スープ美味しい。

 

f:id:tamikiti67:20200924193816j:plain

おひたしだったり中華風、酢の物、マヨネーズ和えなどいろいろな野菜料理6種がひとつのプレートに盛られています。これは何だろう?という野菜もけっこうありますね。

 

右上はたぶん金時草のおひたし。店内の一角でとれたての野菜も売っていて、その中に金時草があったのでおそらくそうではないかと。

 

真ん中の紫のものはジャガイモ?ムラサキイモ?

 

f:id:tamikiti67:20200924193836j:plain

茄子のチーズのせ。

 

f:id:tamikiti67:20200924194316j:plain

中はこんな感じでいろいろ入って手が込んでいます。味はとても美味しい。

 

f:id:tamikiti67:20200924193908j:plain

食後のデザートは自家製わらび餅と白いちじく。

 

f:id:tamikiti67:20200924194334j:plain

妻はいちじくのタルト(ハーフサイズ)と同じく白いちじく。

 

たいへん健康的な料理でどれも野菜本来の味が楽しめて美味しかったのですが、もう少しお安くなるといいかなと思いました。

 

レストランでなくカフェとしては高いですね。(個人的にはデザート、ドリンク込みで1,500円以内が許容範囲)ただ女性ウケしそうなメニューなので女性目線ではまた違うかも。

 

あとはどんな野菜を使用しているかわかるお品書きがあると良かったですね。それだけでも満足度はアップすると思います。

 

 

本日のお会計

 

入店前  24,642円

支払額   4,180円

残金   20,462円

 

残金がだいぶ少なくなってきました。おそらく来月の2泊3日の北海道旅行で底をつきそう・・・。北海道は別枠にするか考え中。

 

そしてこのシリーズが終了した後、引き続き食べ歩き記録を継続するかどうか、継続するならどういう形でアップするのがいいのか。

 

【プチ観光】天理教教徒でもないのに天理教教会本部に行ってみました

 

 

宗教都市 奈良の天理市へ

 

f:id:tamikiti67:20200924193214j:plain

奈良県天理市にやってきました。JR・近鉄天理駅前です。

 

天理と言えば市の名前に宗教の名がついた全国唯一の自治体です。

 

(金光教の本部があった岡山県金光町は周辺自治体との合併で浅口市となりその名は消滅)

 

 

天理市は人口約64,000人のうち4割くらいが天理教徒と言われています。

 

天理教の教徒は全国で100万人以上いるともいわれ、市の中心部には天理教関連施設が並びます。

 

特に全国からやってくる教徒たちの宿泊施設である「詰所」という大規模な建物がいたるところにあります。

 

f:id:tamikiti67:20200924193041j:plain

詰所の例

今日は天理の町を歩いてみて、天理教本部に行ってみたいと思います。私は無宗教ですが、本部は24時間参拝可能で天理教教徒以外が訪れても大丈夫だそうです。

 

個人的には巨大建造物が大好きなので、そっち方面が興味あります。

 

 

駅から本部へ続く商店街

 

f:id:tamikiti67:20200924193115j:plain

駅から本部へ商店街が1㎞程にわたってのびています。その名も天理本通。

 

f:id:tamikiti67:20200924193057j:plain

これは天理高校のキャップにうちわ?

 

f:id:tamikiti67:20200924193007j:plain

近くに天理大学もありますので商店街は自転車に乗った若者たちも多いです。柔道部?ラグビー部?マッチョが多かった。

 

f:id:tamikiti67:20200924192920j:plain

ちょっとガランとしたところもありますが、商店街としてはよく頑張っている方だと思います。天理教の行事がある時はさぞ賑やかになるのでしょう。

 

f:id:tamikiti67:20200924192936j:plain

レトロな感じの店が多いです。

 

f:id:tamikiti67:20200924192949j:plain

おっと、天理スタミナラーメンがあった。

 

彩華ラーメンと並んで天理ラーメンの2大派閥のひとつ。でも今回はあまりラーメンに興味のない妻がいるのでパス。一人なら間違いなく入店しています。

 

f:id:tamikiti67:20200924192743j:plain

天理カレー? こどもおぢばがえりのカレーって何だ??

 

 

f:id:tamikiti67:20200924192831j:plain

この写真はどちらかというと文具店?ですが神具を扱っている店はたくさんあります。奥に銅鑼みたいなのがあります。水引はどこも大量在庫。

 

f:id:tamikiti67:20200924192848j:plain

参拝のジジババに人気の有りそうなお店。

 

f:id:tamikiti67:20200924192716j:plain

家庭雑誌「陽気」??? 天理教の機関紙か?

 

 

天理教教会本部インフォメーションセンター

 

f:id:tamikiti67:20200924191754j:plain

天理協会本部インフォメーションセンター。ネット情報によると中の人に言えば本部を案内してもらえるとか。勧誘は無いといいますが、そんな勇気はありません。とりあえずトイレだけを拝借。

 

中に入ったら男性に「ようこそ、おかえりなさい」と言われました。「ようこそ、おかえり」は天理教の「こんにちは」みたいなもののようです。

 

 

そう言えば先日宿泊したスーパーホテルでフロントの人が「おかえりなさい」と言ってたけどあれも天理教? そんなことはないか。

 

f:id:tamikiti67:20200924191819j:plain

本部はかなり巨大。グーグルマップの航空写真をのせておきます。

 

巨大な教会本部

 

 

教会本部は天理教教徒の拝殿のようなものでしょうか。その北側に緑の屋根の教祖殿という建物があって、こちらが教祖様(中山みき 1798生-1887没)のおうちのようです。

 

教祖殿では今も130年以上前に亡くなった教祖さまのために朝昼晩3食料理が用意されお風呂も毎日たかれているそうです。

 

f:id:tamikiti67:20200924191844j:plain

こちらが教会本部。巨大建造物です。

 

f:id:tamikiti67:20200924191952j:plain

お昼12時前くらいでしたが参拝者がパラパラといます。私たちも中に入ってみました。

ちなみに内部は写真撮影禁止です。

 

入ってみると内部はとてつもなく巨大な空間。信者の方は好きなところに座ってお祈りしているようです。

 

本部の内部の畳の数は3,157枚。私も行ったことのある京都の東本願寺もたいがいデカイことで知られていますが、東本願寺でも927畳。比較になりません。

 

また畳敷きの下の地下(正確に言うと地面と同じレベル)には膨大な数の下駄箱が並んでいました。

 

行事のときには何千人という人が同時に礼拝するのでしょう。

 

柱も梁もただただ巨大。総工費〇〇〇億円?

 

f:id:tamikiti67:20200924192022j:plain

20分ほどかけて回廊を一周しました。靴は木の階段の下に置いて中に入りました。

 

f:id:tamikiti67:20200924192128j:plain

本部をはなれてちょっと散歩してみます。

 

天理大学付属参考館

 

f:id:tamikiti67:20200924192146j:plain

本部の南にあるのは天理大学の付属博物館である参考館。こちらも巨大。行ったことないですが、なんか中国の天安門広場にいるような気がしてきました。

 

f:id:tamikiti67:20200924192202j:plain

文化財や美術品などを保管しているようですが、見学は500円必要らしいですのでパス。

天理参考館とは | 天理参考館

 

f:id:tamikiti67:20200924192322j:plain

さらに南に行くと野球部やラグビー部で有名な天理高校。その左側に天理大学があります。

 

f:id:tamikiti67:20200924192401j:plain

  

f:id:tamikiti67:20200924192602j:plain

 

 

 

天理市関連の記事です 

tamikiti67.hatenablog.com

tamikiti67.hatenablog.com