セミリタイアとボランティア(名古屋ウィメンズマラソン)

 

リタイア後の暇つぶし及び社会との接点を保つためにボランティアをしてみようと思われている方も少なからずいるのではないでしょうか。

 

私もちょっとやってみたことがあります。

 

といっても期間の長いボランティアではなく、スポーツイベントの単発ボランティアです。

 

 

私がボランティアで参加したのは昨年の名古屋ウィメンズマラソンです。

 

毎年3月に開催される世界最大級の女性だけのマラソン大会で約2万人の参加者を誇ります。

 

そしてボランティアは2日間で延べ9000人です。

 

私は大会前日の海外ランナー受付と大会当日の預かり荷物返却の担当でした。

 

海外ランナー受付は多少英語を使うので私としては面白かったです。

 

また同じ持ち場のボランティア同士といろいろ話ができて良かったですね。

 

マラソン大会のボランティアなので自分もランナーという人が結構多くその方面の話をかなり聴くことができました。

 

 

2日目の預かり荷物返却はスタート前に預かった所定の袋に入った荷物をゴールしたランナーに返却していくという仕事になります。

 

その会場はナゴヤドームでしたが2万人分の荷物を受け渡すということでゼッケンごとに整理されていますが受け渡しはかなり混乱します。

 

また42km走ってきてヘロヘロになったランナーがこの受け渡し場所周辺でへたれこむので、通路が狭くなりランナーがなかなかその先への更衣室へと進まず大渋滞になってしまいます。

 

私はメガホンを持って「荷物を受け取ったらそのまま座らずにお進みください~」と叫ぶ役割でした。

 

でもそう言っている私のすぐ横でランナーがへたれこんでいきます。サブスリーランナーくらいの実力者だとへたれこむことはないですが、4時間、5時間くらいのランナーになってくるとへたれこむ人多数です。

 

けっこうギリギリの体力の人が無理してマラソンに挑戦している印象を受けました。

 

 

そういえばこの日、心肺停止で救急車で運ばれたランナーが3人いたそうです。

 

無理はいけませんね。

 

 

 

二日間だけのボランティアでしたが知らない人と話をしたり大規模国際大会の裏側を見ることができて面白かったです。

 

 

ボランティアですので基本的に報酬はないのですが、制服代わりのピンクのウィンドブレーカー、白いキャップはそのままもらい、そして後日グルメカード1000円分が郵送されてきました。

 

今、そのピンクのウィンドブレーカーは義母が畑仕事の時に使っています。

 

弁当などは出ませんでした。

 

ま、人数が多いですもんね。

 

 

 

今後またボランティアに行くかどうかというとちょっと考えます。

 

会場のナゴヤドームまでの往復交通費が二日分、事前の研修出席の交通費が2回分と電車代が計4000円以上かかるんですね。

 

 

名古屋市内に住んでいたら行ってもいいのですが、今年はとりあえずパスしました。

 

 

でも昨年参加したことは社会勉強になってよかったですね。

 

いい体験ができました。

 

 

 

 

ちなみにマラソンの完走者は記念品としてティファニーの製品が毎年贈られます。

 

これが女性たちを無理してでもゴール地点に向かわせる原動力になっているのですかね?

 

ですが、せっかくのこの記念品、けっこうヤフオクやメルカリなどに出品されているみたいです。(笑)